ファブリック植毛塗装

ファブリック植毛塗装

NEWビジネスモデル

カーアフターマーケットを取り巻く環境

●人口減少社会・少子高齢化社会による保有台数の減少に伴い大きく様変わりをしております。

●従来型のビジネス(車販、車検、定期点検、事故車修理等々)だけだと入庫は限定的なものとなりがちですし顧客確保の為、価格競争等類似系他業種との参入による様々な弊害が予想されます。その為他社にはない独自のプラスアルファが求められます。

●先進運転支援システムにおける事故修理車の減少と特定整備に対応する為の新たな設備投資に対する対応                 

★日進月歩の技術進歩は時代により変化しているので常に変化に対応する柔軟性を持つことも必要です。

 

ファブリックコーティングネオ

ファブリックコーティングネオ

植毛塗装(モケット塗装)で高級感を!!

 

 ファブリッ3.jpg

 PEA4.jpg

 

 PEA.jpg 

PEA8.jpg

PEA5.jpg

DSC09376.jpg

DSC09373.jpg

 

PEA12.jpg

植毛塗装の特徴
品質はカーメーカーで採用されている内装と同等の仕上がり。
鉄道車両用材料燃焼試験にて不燃性・難燃性と評価(国土交通省交通安全公害研究所)
貼りものと違って凹凸部分など問題なく施工が可能。
10色のベースカラーを使用することで、様々なカラーを作ることが可能。
密着性、耐候性に優れています。
ファブリック・スエード・モケット・アルカンターラ調などの短繊維をしきつめた質感と触感。
遮熱・断熱効果・湿気対策・結露防止・反射防止・通気性効果・静電気防止など
様々な効果が得られます。

 

プラスティックや金属素材等をモケット調に変身させます。

従来の植毛塗装は静電植毛加工といわれ、塗装やメッキに近い表面加工技術のひとつです。

それは素材に接着剤をスプレーガンで塗布し、2~5万ボルトの高電圧をかけ、静電気の力を利用してパイル(短繊維)を植え付ける表面処理加工です。そのため高額の設備投資が必要となります。

しかし、ファブリックネオ塗装機を使用することで静電植毛と同等の仕上がり品質を可能にしました。

岩手県盛岡市

カラーサンプル

 

 

.ファブリッ1.jpg

 

 

 

  

 ファブリック4.jpg

 

  ※ アンダーカラーリターダーの容量表示は150gが正解(ミスプリント)

 ,1ファブリック2.jpg

 

※セット内訳(低価格でのセット導入例

●ファブリック塗装機 1台

 各種パイル(10色)250g

●各種アンダーカラー(10色)500g

●アンダーカラー硬化剤300g

●アンダーカラーシンナー1kg

●アンダーカラーリターダー150g

●アンダーカラー密着剤300g

●SEMソープ450g

●プラスチックレザープレップ500g

 税込み参考価格¥1,320,000-

見積もり等、詳細はお問い合わせください。

 

 

オートバックス盛岡北店様に納入致しました。

施工ご希望の場合はぜひお問い合わせ願います。FM.jpgFM1.jpg

 

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
022-396-3545
受付時間
9:00~18:00
定休日
日曜日・祝祭日・お盆休み・年末年始

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

022-396-3545

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/07/06
ホームページを公開しました
2020/07/03
「サービスのご案内」ページを更新しました
2020/07/02
「会社概要」ページを作成しました